分譲住宅情報 構造

長期にわたって暮らせる住まいづくりは、まずは地盤・基礎から。

地盤調査は100%実施。万一に備え、入念に地盤の強さを調べます。

菊美台住宅地では、建築にあたってすべての敷地の地盤強度や地質を入念にチェック。調査データをもとに最適な地盤補強や基礎工事方法を決定します。また、日当たりや風向き、眺望のほか、公園や道路、隣家との位置関係もしっかり調査。プライバシーにも配慮したプランづくりにつなげます。

■地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験(S.S.試験)

地層は必ずしも水平に均ーな状態で続いているとは限らないため、建物が配置される4隅と中央を調べ、場合によってはそれ以外の箇所も綿密に調査します。

なお、調査の結果、必要に応じて表層地盤の改良のほか、深層地盤まで改良する柱状改良や鋼管杭など支持地盤の深さの程度に応じた補強を施し、万全の施工を行なっています。

家全体の重みをバランスよく受け止める、
鉄筋コンクリート造ベタ基礎を標準化しています。

引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に優れたコンクリートを組み合わせた「鉄筋コンクリート造ベタ基礎」を標準仕様。網の目状に組んだ鉄筋の上から、コンクリートを流し込み、床下全面を固定。建物全体の重量が基礎全体に平均してかかるため、不同沈下が起こりにくく、万一地震により地盤が壊れても建物への影響を抑えます。

■不同沈下が起こりにくい工法

一般的に用いられる布基礎は、地盤に対しての荷重が不均等になるのに対して、ベタ基礎は建物の荷重が均一にかかり、不同沈下を防ぎます。

■基礎パッキン工法で耐久性はもちろん、防湿・通気性を十分に配慮

多雨多湿な日本の気候では、家を長持ちさせるためには、床下の通気を確保することが重要です。基礎パッキン工法で、十分な通気性を確保するとともに、床下全体をコンクリートで覆うベタ基礎ですから、地中からの湿気も防ぎます。

■基礎バッキン工法

基礎と土台の間には、基礎パッキンを挟み込み、アンカーボルトでしっか りと固定します。床下の換気を高め湿気のこもりやすいコーナーの隅々まで換気できるので、耐久性が向上します。また、基礎部分に換気用の開口 部を設ける従来工法と比べ、耐震性も高まります。

建物の構造(2×4工法)さまざまな特徴をもつ2×4工法で作られています。

北米大陸で生まれた2×4工法

住宅の工法にはさまざまなものがありますが、当社で主に採用しているのが床・壁・天井の6面が一体となった構造の「2×4工法」。これは、枠組材に構造用合板または構造用パネルを打ちつけて面をつくり、6面体を構成するため「枠組壁工法」とも呼ばれています。2×4工法は北米大陸で生まれ、極寒のアラスカやハリケーンが襲うフロリダ等過酷な気象条件の多いアメリカで育まれた、高耐力・耐震性・耐風性・耐火性・防湿性など多くのすぐれた特徴をもつ工法です。

■2×4の名前の由来

2×4という名前の由来は、その基本構造材として「約2インチ×約4インチ」の木材が主に使用されていることによります。2×4工法ではこの2×4材を中心に、6種類の規格材が主に使用されています。

耐震性・耐風性地震や台風に強い、丈夫な構造です。

外からの力を6面全体で受けとめるから、地震に強い

■面で構成する丈夫な構造[モノコック構造]

2×4(ツーバイフォー)工法を採用しています。6面全体(モノコック構造) で地震の揺れ自体を抑えるとともに、外からの力をバランスよく分散させています。負荷が一部に集中しないので、建物の変形やねじれ、倒壊など を防ぎ、優れた耐震性能を発揮します。また、構造材は水分の含有率が19% 以下の日本農林規格(JAS)規格の素材を採用しています。

補強金物により、耐風性を強化

■接合部を補強する多種の[補強金物]

2×4工法はその構造そのものが、地震や強風に強いと言われていますが、さらに耐震・耐風性を高めるために各種の補強金物を採用しています。2×4 工法独特の金物「ハリケーンタイ」は、あおり止めの金物で、強風によって屋根が吹き上げられるのを防止。さらに、1階と2階の接合部に用いる「帯金物」など、それぞれの部位に応じた最適な補強金物が耐震・耐風性能を高めています。

■金物施工例(参考写真)

事実が語る安心の住まい、「きんてつの家」

約15万棟もの住宅が全・半壊し、甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災。最大震度7、マグニチュード7.2を記録した未曾有の大震災でも、「きんてつの家」は、その優れた耐震性能を実証しました。当時、被害地域の「きんてつの家」は約 600 棟。しかし倒壊棟数は 1 棟もなく、被害を受けた家屋のほとんどが軽微な補修で済みました。いつどこで起こるかを正確に予測できない地震だからこそ、地震対策は住まいづくりに欠かせない重要なポイントです。近鉄不動産は、将来に渡って安心して暮らしていただくために、不意に起こる地震にも耐え抜く住まいをお届けしています。

耐火性万一の火災に備えた、安心の家づくりを行っています。

すぐれた耐火性で万一に備えています

■延焼をくい止める[ファイヤーストップ構造]

住宅で火災が発生すると、火は空気の流れに沿って燃え広がります。2×4工法では、6面を一体とした密閉空間によって、火の通り道を遮る「ファイヤーストップ構造」を実現。壁や床を構成している構造材も、火災の延焼をくい止める役目を果たします。

■木材の発火を抑える[石こうボード]

耐火性を高めるため、壁や天井には約20%の結晶水を含む石こうボードを貼り付けています。火災が発生して熱が加えられると、この結晶水が水蒸 気となって発散され、温度の上昇を抑えてくれます。

■省令準耐火構造

省令準耐火構造とは、建築基準法上の防火性能区分の一つで、火災 に対する安全性能を規定化したものです。当社の2×4工法は、木構造でありながら防火構造に適合した外壁仕様によって作られた省令準耐火構造建物です。もらい火を防ぐとともに、内部出火の火災にも備えています。

耐熱性・気密性気密性と断熱性を高めて、いつでも快適な室内を実現します。

省エネルギーを促進する断熱性・気密性

■「次世代省エネ基準」をクリアした断熱対策

住宅の工法にはさまざまなものがありますが、当社で主に採用しているのが床・壁・天井の6面が一体となった構造の「2×4工法」。これは、枠組材に構造用合板または構造用パネルを打ちつけて面をつくり、6面体を構成するため「枠組壁工法」とも呼ばれています。2×4工法は北米大陸で生まれ、極寒のアラスカやハリケーンが襲うフロリダ等過酷な気象条件の多いアメリカで育まれた、高耐力・耐震性・耐風性・耐火性・防湿性など多くのすぐれた特徴をもつ工法です。

■玄関ドアには[断熱ドア]を、全ての窓には[Low-E複層ガラス]を採用。

人の出入りがある玄関ドアは、厚さ40mm以上の断熱仕様のドアを採用し、いつも快適な室温を保つように配慮しています。また、全ての窓ガラスには紫外線を大幅にカットし、断熱性などに優れたLow-E複層ガラスを採用。冷暖房の効率が上がるため経済的で、一戸あたりブナの木34本に相当するCO2の削減にもつながるエコガラスです。

■Low-E復層ガラスとは?

ガラスの内側にある特殊な金属膜によって、遮熱(夏場の太陽熱遮断)と断熱(冬場の室内保温)に優れた力を発揮。冷暖房効率をアップすることで、CO2の排出を抑えられます。また紫外線や結露を抑えることで、快適な暮らしをサポートします。

遮熱・断熱

夏場には窓ガラスからの日照熱を約60%カット。外気が冷たい冬場には一枚ガラスに比べて3.6°Cも室内温度を高く保ち、冷暖房効率をアップします。

紫外線

一枚ガラスが紫外線(UV)をカットする率は35.2%なのに対して、Low-E複層ガラスは82%もの紫外線をカット。肌に浴びる紫外線や、家具などの色あせを抑えます。

結露

一枚ガラスの窓が外気温4°Cで結露する気候条件の場合でも、Low-E複層ガラスなら外気温が-16°Cになるまで結露しません。その分だけカビ などの発生を抑制できます。(室温20°C、湿度50%の場合)

環境・省エネ

遮熱や断熱の効果によって冷暖房につかうエネルギー効率が上がるため、CO2の排出の抑制にも貢献。年間の暖房費なども約35%節約することができます。

■モノコック構造は[高気密]

モノコック構造によってつくられた2×4住宅は、壁や天井がすき間なく接合されるために気密性も高まります。

防水性能・防蟻対策・メンテナンス性防水機能やメンテナンス性を高めて長期保証します。

湿気対策や防水機能が、家を長持ちさせる大きなポイント

■ムレや結露を防ぐ[屋根裏換気棟]

天井板と屋根野地板との間にできる空間は小屋裏、その頂部は棟と呼ばれ、熱気や湿気がこもりやすい部分です。そこで、軒裏に吸気口を、棟に排気口をつくることで、小屋裏の空気の流れを起こし、小屋裏全体が自然に呼吸するようにしています。こうすることで、熱気や湿気を棟へと集めて逃がし、結露を防いで、家の耐久性を上げることができるのです。 (一部屋根形状により異なる場合があります)

■屋根・壁・バルコニーの[防水工事]

耐火性を高めるため、壁や天井には約20%の結晶水を含む石こうボードを貼り付けています。火災が発生して熱が加えられると、この結晶水が水蒸気となって発散され、温度の上昇を抑えてくれます。

防蟻対策には10年保証

白アリの被害や木材の腐朽を防ぐために、地盤から高さ約1m程度までの木材に、防蟻・防腐処理を行います。その際、環境や健康への影響に配慮した安全性の高い処理剤を使っています。当社は、この防蟻・防腐処理に10年間の保証を設けています。
※5年目に『無償点検・メンテナンス工事(無償)』を実施させていただいた場合に限ります。

メンテナンス性にも配慮しています

■メンテナンスしやすい[ヘッダー配管方式]

内部の給水・給湯管には樹脂配管材を使用するヘッダー配管方式を採用。この配管材は耐水性に優れ、サビや腐食による赤水の心配がありません。また、従来の鉄管配管と比べて漏水しにくく、配管のメンテナンスもスムーズ。さらに保温性にも優れた効果を発揮します。

■収納にも活きる[床下点検口]

1階のキッチンや洗面室などには、床下配管を点検しやすいように、床下の空間を利用して点検口を設置しています。万一の水回りのトラブルなどのとき、補修やメンテナンスに便利なばかりでなく、ふだんはここの空 間を収納として有効活用するために床下収納庫として利用しています。
※洗面室点検口には、床下収納庫がない場合がございます。

いつもクリーンで快適な空気環境をつくる24時間換気システム

■室内をいつもクリーンな空気で満たす24時間換気システム

24時間換気システムは、高気密住宅が抱える空気の汚れを解消するシステムです。自然給気を機械によるパワフルな強制排気を同時に行なうことで、住まいをいつもクリーンな空気で満たします。適切な換気量を確保して、理想的な空気環境をつくります。

■2時間に1回、空気をリフレッシュ

菊美台分譲住宅の24時間換気システムは、室内の汚れた空気を強制的に排気することで、外の新鮮な空気を取り込む第3種換気方式を採用しています。2時間に1回のペースで住まい全体の空気が入れ換える計算になり、常に爽やかな空気環境を保ちます。