長期にわたって暮らせる住まいづくりは、まず基礎・地盤から。

地盤調査は100%実施。必要に応じて補強を行なった、強固な地盤の上に建てられます。

桔梗が丘住宅地では、建築にあたってすべての敷地の地盤強度や地質を入念にチェック。調査データをもとに最適な地盤補強や基礎工事方法を決定します。また、日当たりや風向き、眺望のほか、公園や道路、隣家との位置関係もしっかり調査。プライバシーにも配慮したプランづくりにつなげます。

■地盤調査はスウェーデン式ダウンサウンディング試験(S.S試験)
地層は必ずしも水平に均一な状態で続いているとは限らないため、建物が配置される4隅と中央を調べ、場合によってはそれ以外の箇所も綿密に調査します。

なお、調査の結果、必要に応じて表層地盤の改良のほか、深層地盤まで改良する柱状改良や鋼管杭など支持地盤の深さの程度に応じた補強を施し、万全の施工を行なっています。

表層概念図

家全体の重みをバランスよく受け止める、鉄筋コンクリート造ベタ基礎を標準化しています。

引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に優れたコンクリートを組み合わせた「鉄筋コンクリート造ベタ基礎」を標準仕様。網の目状に組んだ鉄筋の上から、コンクリートを流し込み、床下全面を固定。建物全体の重量が基礎全体に平均してかかるため、不同沈下が起こりにくく、万一地震により地盤が壊れても建物への影響を抑えます。

■不同沈下が起こりにくい工法

一般的に用いられる布基礎は、地盤に対しての荷重が不均等になるのに対して、ベタ基礎は建物の荷重が均一にかかり、不同沈下を防ぎます。
 

工法イメージ1

工法イメージ2

■床下空間を密閉する工法

床下換気口を作らず床下空間を密閉して気密・断熱性を高める工法。木部の腐れを防ぎ、耐久性を高めます。また、換気口のひび割れなどの心配もありません。

工法イメージ3

工法イメージ4

床下空間を室内とほぼ同じ温熱環境に保つ、基礎断熱を採用。

外気の温度や湿度の影響を受けにくくするため、床下空間を密閉します。断熱材のポリスチレンフォームが基礎コンクリートから伝わる外気の熱を遮断して、床下空間を室内とほぼ同じ温熱環境に保ちます。

気温イメージ

構造イメージ

面全体で確実に受け止める強い床と壁がつくる一体構造。

横からの力を確実に受け止める水平荷重に強い2階構造用面材、28㎜厚の剛床。

2階の構造用面材は、人や家具などの重さを支えるだけではありません。地震に対して、建物の強さを確実に機能するポイントが実は剛床性なのです。地震や台風により、横揺れすると、建物には水平方向の力(水平荷重)が加わり、変形しやすくなります。建物全体のねじれをくい止めるには、耐力壁と同様に、強靱な剛床がもっとも重要な役割りを果たします。

耐震ダブル構造

壁面全体で外力をしっかり受け止め、分散する構造用面材。

建物外周部全面に構造用面材を施工します。躯体を箱のようにすることで、外力に強い耐力壁を構成して強度を高める効果があります。耐力壁は、面全体でバランスよく力を受け止めるため、接合部への力の集中を緩和します。

外観イメージ

面材イメージ

強固につなぐ構造用金物。接合部をしっかり緊結。

阪神・淡路大震災では、木造住宅の倒壊は、上から押し潰されたような壊れ方と、上方に投げられ、柱が土台から抜け出た壊れ方が多く見受けられました。直下型の地震の場合、まず最初に縦揺れが起きます。しかし縦揺れは瞬時であり建物にはほとんど影響はありません。問題は横揺れが柱を引き抜くことによる倒壊です。胴差、床梁などの横架材相互の接合部は、羽子板ボルトなどでしっかり緊結することが重要です。特に柱と基礎の接合部は、引き抜き力を防止することは極めて重要なポイントです。

接合部イメージ1

接合部イメージ2

木部の欠損を極力少なく、接合部を徹底的に強化する構造用金物。防錆処理を施工し、その性能を長期間継続します。

面構造を支える強さ、構造用集成材エンジニアリングウッド。

●天然木に対し、1.5倍以上の強度性能。

天然木には大節、割れなどが強度に影響する欠点があります。また、材中にあって外観からは予測できないものもあります。構造用集成材は、それらの欠点を除いて積層することにより、乾燥収縮による気密性の劣化を防止し、強度の安定を保ちます。

●断面の大きい集成材は、防火性能を高めます。

木材は燃えますが、断面が大きくなると表面は焦げて炭化層ができ、酸素の供給が断たれ燃えにくくなり、1000℃以上になっても炭化スピードは1分間に0.6㎜〜0.8㎜程度であるといわれています。

●断熱性に優れ、調湿能力をも高めます。

天然木イメージ

木材は建築材料として関西の気候風土に最も適しているといえます。断熱性に優れ、夏は涼しく冬は暖かく湿度の高い梅雨時は、水分を吸収してくれるなどの特性を備えています。木材の熱伝導率は、鉄の約200分の1、コンクリートの4分の1。また、長さ3mの10cm角の柱1本で、一升瓶1本分の水分を出し入れできる調湿能力を備え、結露による耐久性の低下を防ぎます。

事実が語る安心の住まい、「きんてつの家」

いつもクリーンで快適な空気環境をつくる24時間換気システム。

●室内をいつもクリーンな空気で満たす
  24時間換気システム

24時間換気システムは、高気密住宅が抱える空気の汚れを解消するシステムです。自然給気を機械によるパワフルな強制排気を同時に行なうことで、住まいをいつもクリーンな空気で満たします。適切な換気量を確保して、理想的な空気環境をつくります。

●2時間に1回、空気をリフレッシュ

桔梗が丘分譲住宅の24時間換気システムは、室内の汚れた空気を強制的に排気することで、外の新鮮な空気を取り込む第3種換気方式を採用しています。2時間に1回のペースで住まい全体の空気が入れ換える計算になり、常に爽やかな空気環境を保ちます。

住宅換気に効果的な第3種換気

来場予定はこちら
資料請求はこちら
フリーダイヤル 0120-65-8330