近鉄の分譲住宅/分譲宅地・土地(奈良・大阪・三重・兵庫)

奈良県・大阪府・三重県・兵庫県の分譲一戸建(新築)/分譲宅地・土地なら近鉄不動産

年間冷暖房コストを従来の約1/3*に削減。
*(社)日本冷凍空調工業会規約に基づき試算

夏、70%が侵入。冬、80%が放出。この数値、実は一般の家の熱エネルギーの出入りを表したもの。こんなすき間だらけの家でエアコンが効かないのは当然です。それどころか、限りあるエネルギーのムダ使いではないでしょうか。外断熱の家は、いわば断熱材を“厚着”した家。壁、天井、床、いたる所のすき間を徹底的になくすことで気密性を高め、優れた冷暖房効率を実現します。

冷暖房によるCO2排出を抑制して
地球温暖化に配慮。

地球温暖化の原因となるCO2は現代社会の大きな課題となっています。エアーウッドは、次世代省エネ基準をクリア、断熱性と気密性の向上で冷暖房効率を高め、住宅から排出されるCO2の削減を図っています。さらに、地球温暖化に影響を与えない断熱材の採用など、地球にやさしい住まいづくりに努めています。

※次世代省エネ基準とは、地球温暖化防止の対策として、住宅のエネルギー消費に伴うCO2の排出量を、従来の新省エネルギー基準(1992年)よりも約20%低減することを目標に1999年に施工された基準です。

規準の目安
(出典/(財)日本住宅・木材技術センター)
年間冷暖房コスト(大阪)
●試算条件
日本建築学会:拡張アメダスデータを使用し、日平均外気温度が15℃以下の日を暖房期間(10月29日~4月19日)、それ以外の日を冷房期間(4月20日~10月28日)と設定。計算条件…暖房設定温度18℃以上、冷房設定温度27℃以下、相対湿度60%以下。換気回数は次世代評定仕様では0.5回/h、新省エネ基準レベル仕様では1.0回/h、旧省エネ基準レベル仕様では2.0回/hで計算。その他の計算条件は次世代省エネ基準の記載に準じたもの。電力単位は27円/kW、エネルギー消費効率2.5の場合。※上記年間冷暖房コストは目安であり、地域性やプラン、日射取得係数などにより変わります。

▲ Page Top

省エネ効果を高める「窓のお話」

各種サッシの断熱性能

アルミの1000倍以上も熱の伝導率が低い樹脂を使った高性能樹脂サッシと、遮熱Low-E複層ガラス。アルミ単板ガラスに比べ、断熱性能を飛躍的にアップ。冷暖房コストを大幅に抑え、省エネルギー効果がグンと向上します。

●U値(熱貫流率)W/m²k
窓や壁などの部位を通して熱が流れる割合。
室内外の温度差が1℃の時、部位面積1㎡あたり1時間にいくらの熱量が流れるかを示す数値です。数値が小さいほど断熱性能が優れています。

▲ Page Top

  • 都市型住宅ローレルフォーチュンとは都市型住宅ローレルフォーチュンとは
  • 外断熱工法エアーウッド外断熱工法エアーウッド
  • 近鉄の住宅地開発の歩み近鉄の住宅地開発の歩み
  • 施工例フォトギャラリー施工例フォトギャラリー
  • 会員募集はこちら
  • 資料請求はこちら

本ページでは、奈良県の新築分譲一戸建てや注文住宅用地の販売センターや注文住宅モデルハウスの情報を掲載しています。販売センターやモデルハウスには駐車場を完備しておりますので、新築住宅をお探しのご家族もお車でお気軽にご来場いただけます。土日祝祭日には、注文住宅モデルハウスにてお子様連れのファミリー向けの楽しいイベントや耐震や工法について学べるイベントなどを不定期で開催しています。実際の建物をご覧のうえ、住み心地をご体感いただくことが可能です。古都として、奈良の大仏など観光スポットとして有名な世界遺産や吉野の桜など美しい自然も数多く有している奈良県を中心に、さまざまなエリアに販売センターを設置しております。近鉄不動産の販売センターやモデルハウスにご来場のうえ、奈良・大阪・兵庫などのエリアで新築分譲一戸建てや注文住宅に住むなら「近鉄不動産」にて実現してください。