近鉄の分譲住宅/分譲宅地・土地(奈良・大阪・三重・兵庫)

奈良県・大阪府・三重県・兵庫県の分譲一戸建(新築)/分譲宅地・土地なら近鉄不動産

徹底した気密化で、効率のいい冷暖房を実現。

断熱材で住まいをすっぽりとくるむとともに、気密テープでわずかなすき間を密閉。技術力に根付いた精度の高い施工で、次世代省エネルギー基準値を大きくクリアした気密性能を実現しています。

基礎の気密性向上のために。

■まず、気密シート敷作業

基礎天端全面にポリエチレンシート(気密ゴムパッキン付き)を敷きます。

気密シート敷作業
■気密シートの役割は?

耐候性に優れたゴムパッキンが、土台のすき間をなくし、床下空間の気密性を高めます。シートは基礎コンクリートからの防湿にも効果があります。

断熱材のスキ間を密封

断熱材の端部や接合部には、気密テープでスキ間を密封。徹底した作業が断熱・気密性能を高めます。

窓などの開口部周囲には、気密性と防水性を備えた防水テープでダブルコートします。

▲ Page Top

床下空間を密閉するから「床下換気口」は設けません。

その理由は

湿気を逃がすはずの床下換気口は、湿気や熱気・寒気、害虫の入口でもあるのです。天気の良い日はともかく、梅雨や長雨時は湿気が床下によどみ、ジメジメしてしまいます。床下までしっかり断熱・気密性を保つと、室内環境と同様になりますので、床下換気口はつくる必要がないのです。また、基礎に開口がないことから、構造耐力上もたいへん有利です。


湿気による土台の腐れ
その結果床下空間は
  • 湿気が入らないから、木部の腐れを防ぎ建物の耐久性を保ちます。
  • 気密・断熱性を保つから、年間を通じてほぼ一定の温・湿度を保ち、1階と同じ温熱環境をつくります。
    (だから冬の床面も冷たくありません)

床下換気口部分

気密測定検査を実施

すべての断熱工事が完了した後、当社の気密測定技能者が測定します。 国が定める次世代省エネルギー基準値をクリアしないと、工事をやり直しとする厳しい社内基準を定めています。


気密測定検査

気密測定技能者従事
事業所登録証

▲ Page Top

  • 都市型住宅ローレルフォーチュンとは都市型住宅ローレルフォーチュンとは
  • 外断熱工法エアーウッド外断熱工法エアーウッド
  • 近鉄の住宅地開発の歩み近鉄の住宅地開発の歩み
  • 施工例フォトギャラリー施工例フォトギャラリー
  • 会員募集はこちら
  • 資料請求はこちら

本ページでは、奈良県の新築分譲一戸建てや注文住宅用地の販売センターや注文住宅モデルハウスの情報を掲載しています。販売センターやモデルハウスには駐車場を完備しておりますので、新築住宅をお探しのご家族もお車でお気軽にご来場いただけます。土日祝祭日には、注文住宅モデルハウスにてお子様連れのファミリー向けの楽しいイベントや耐震や工法について学べるイベントなどを不定期で開催しています。実際の建物をご覧のうえ、住み心地をご体感いただくことが可能です。古都として、奈良の大仏など観光スポットとして有名な世界遺産や吉野の桜など美しい自然も数多く有している奈良県を中心に、さまざまなエリアに販売センターを設置しております。近鉄不動産の販売センターやモデルハウスにご来場のうえ、奈良・大阪・兵庫などのエリアで新築分譲一戸建てや注文住宅に住むなら「近鉄不動産」にて実現してください。